• We are BOL4 赤頬思春期 Unofficial Fan Club

(BOL4)赤頬思春期 나만 봄 「私だけ、春」 (BOM) の和訳 カナルビ

あんで くまんどぉ こきかじ へ
안돼 그만둬 거기까지 해
ダメ やめて そこまでにして

と たががみょん の ちょんしん もっちゃりょ
더 다가가면 너 정신 못 차려
これ以上近づくとあなたはそわそわしちゃう

あんで くまね こちゅん のおど
안돼 그만해 꽃은 넣어둬
だめ やめて 花はおいて

くにゃん ぱらみ ぷるげ なぁぢょ
그냥 좀 바람이 불게 놔줘
そっと風に揺らしておいてあげて

うぇ ぐろるか さらんどぅるん
왜 그럴까 사람들은
なぜ人は

くにゃん ぽんきうに ちょあ
그냥 봄기운이 좋아
春の気運に誘われて

ぬんち おっし ぱくる ながぬん ごるか
눈치 없이 밖을 나가는 걸까
むやみに外へ出かけるのだろう

うぇ いろるか もが そるれんだご
왜 이럴까 뭐가 설렌다고
どうして何がときめかせるのか

ぽんぱらみ ちょあ
봄바람이 좋아
春風に誘われて

ね まむど もるご とぶろわ
내 맘도 모르고 더 불어와
私の心も気にせずまた吹いてくる

Flower sunshine

わんびょっかん はるる
완벽한 하루를
完璧な一日を

さしる のわ こる す いったみょん
사실 너와 걸을 수 있다면
実際にあなたと歩くことができたなら

おるまな ちょうるか
얼마나 좋을까
どんなにいいだろう

ちょあはんだご まらぎが むそうぉそ
좋아한다고 말하기가 무서워서
好きだというのが怖くて

ねぎょとぅる めんどるご いっぬんなん
네 곁을 맴돌고 있는 난
あなたのそばつきまとっている私

ぽっこと もご  た  ぴりょおっそ
벚꽃도 뭐고 다 필요 없어
さくらも何もいらない

なぬん ねぎょて いっこ しぽ  たっぷとそ
나는 네 곁에 있고 싶어 딱 붙어서
私はあなたのそばにいたいぎゅっとくっついて

ぽみ ちながる てかじ
봄이 지나갈 때까지
春が過ぎるまで

たるん さらん た さらぢょら なまんぼん
다른 사람 다 사라져라 나만 봄
他の人みんないなくなれ 私だけ春

うぇ ぐろるか さらんどぅるん
왜 그럴까 사람들은
なぜ人は

くにゃん ぽんきうに ちょあ
그냥 봄기운이 좋아
春の気運に誘われて

ぬんち おっし ぱくる ながぬん ごるか
눈치 없이 밖을 나가는 걸까
むやみに外へ出かけるのだろう

うぇ いろるか もが そるれんだご
왜 이럴까 뭐가 설렌다고
どうして何がときめかせるのか

ぽんぱらみ ちょあ
봄바람이 좋아
春風に誘われて

ね まむど もるご とぶろわ
내 맘도 모르고 더 불어와
私の心も知らずまた吹いてくる

Flower sunshine

わんびょっかん はるる
완벽한 하루를
完璧な一日を

さしる のわ こる す いったみょん
사실 너와 걸을 수 있다면
実際にあなたと歩くことができたなら

おるまな ちょうるか
얼마나 좋을까
どんなにいいだろう

ちょあはんだご まらぎが むそうぉそ
좋아한다고 말하기가 무서워서
好きだというのが怖くて

ねぎょとぅる めんどるご いっぬんなん
네 곁을 맴돌고 있는 난
あなたのそばつきまとっている私

ぽっこと もご た ぴりょおっそ
벚꽃도 뭐고 다 필요 없어
さくらも何もいらない

なぬん ねぎょて いっこ しぽ たっぷとそ
나는 네 곁에 있고 싶어 딱 붙어서
私はあなたのそばにいたいぎゅっとくっついて

ぽみ ちながる てかじ
봄이 지나갈 때까지
春が過ぎるまで

たるん さらん た さらぢょら なまんぼん
다른 사람 다 사라져라 나만 봄
他の人みんないなくなれ 私だけ春

おんじぇ ぽみ わんぬんじ
언제 봄이 왔는지
いつ春がきたのか

ね まむど もるご
내 맘도 모르고
私の気持ちも知らず

ぽむぱらみ ちゃっくまん ぷろわ
봄바람이 자꾸만 불어와
春風がしょっちゅう吹いてくる

ねぎょてたぷとそ
네 곁에 딱 붙어서
あなたのそばにぎゅっとくっついて

とろじじあんこしぽ
떨어지지 않고 싶어
離れたくない

ね まむる いじぇ まらご しぽ
내 맘을 이제 말하고 싶어
もう私の気持ちをいいたい

ぽっこと もご  た ぴりょおっそ
벚꽃도 뭐고 다 필요 없어
さくらも何もいらない

なぬん ねぎょて いっこ しぽ たっぷとそ
나는 네 곁에 있고 싶어 딱 붙어서
私はあなたのそばにいたいぎゅっとくっついて

ぽみ ちながる てかじ
봄이 지나갈 때까지
春が過ぎるまで

たるん さらん た さらぢょら なまんぼん
다른 사람 다 사라져라 나만 봄
他の人みんないなくなれ 私だけ春

0 Comments

コメントを残す