• We are BOL4 赤頬思春期 Unofficial Fan Club

赤頬思春期、ジャンル・スタイルが変わった「新しいことがしたかった」

赤頬思春期、ジャンル・スタイルが変わった「新しいことがしたかった」
女性デュオ赤頬思春期が音楽的変化で成長を表現した。

ボルパルガン思春期は10日午後、ソウル江南区清潭洞一指アートホールで、新しいミニアルバム「トゥ・ファイブ(Two Five)」のショーケースを開いた。 5ヶ月ぶり​​に新譜を発表する赤頬思春期は、これまでリリースした音楽とは全く異なるスタイルでカムバックした。

アン・ジヨンは「新しい何かをとてもしたかった。変化を追求する方も多かった。今回のアルバムは面白いと思う。既存の私たちの色を好んで下さるファンが拒否感をかもしれない。モニタリングをするとみんな困ってました。ジャンル、スタイルが変わりましたが歌詞、メロディラインなどの音楽的な姿は、私たちの色を維持したと思う」とし「このアルバムの意味は、人々がどのように受け入れるかによって、私たちの音楽的歩みが変わる」と述べた。

またアン・ジヨンは「自己複製という言葉をたくさん聞いて、曲を受けずに直接書くため仕方ない事実だと思う。しかし、新しい試みが自己複製という言葉を受けてではなく、したいこと、新しいこと、書きたいことを合わせた曲を書いているので、時間が経つにつれ、より多くの音楽性を多様に示せると思う」と付け加えた。

ビジュアルも変化を与えた。アン・ジヨンは「金髪だった髪をミント色に染めた。衣装などは、全体的に女の子女の子したイメージから洗練されたイメージに変化を与えた」と説明した。

赤頬思春期は新曲を出すたびに音源チャートで良い成績を出すグループ。今回の新曲の予想成績を問う質問に対しウ・ジユンは「いつも音源チャートについての質問を受けるが、それほど多くの方々が期待をしてくださるようだ。さらに頑張って、よい歌を届けたい」と話した。

今回の新しいアルバムのタイトル曲は「ワーカホリック」である。すべて同じような生活を生きていくが、どことなく空虚で、生活に疲れたワーカホリックに送るメッセージを込めた曲だ。アン・ジヨンの独特の音色は相変わらずだがジャンルの変化で新しいスタイルの音楽を完成した。新曲を10日午後6時の音源サイトで聞くことができる。
出展:中央日報

0 Comments

コメントを残す